FC2ブログ

おいしさのねっこ

カラビナフードワークス 代表 西川智之の美味しさの源流をもとめ。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ほんまにそうなんか?

これからまた春になると採用関係の仕事が増えます。

弊社には毎年いろんな方が入社されます。

そして一生懸命弊社で自分磨きをされます。


ふと思いました。
スタッフの皆さんには失礼かもしれませんが、
自分の採用基準に合った方が入ってきているかは
正直分からない。
面接であんまりやったけど、うーん、まあ採用するか、
という方も実際いる。
(申し訳ない。。。)


ただ、採用後のみんなの頑張りを見ていると、
採用前のイメージと採用後のイメージが異なる方も多い。

面接数回で、「お!この人すごいいい人!これは間違いなく採用!」
と思った人が、口だけで周りからの信用が得れない人であったり、
すぐ飛んだり、

「こいつなあ、感じ悪いけど今採用しとかないと人おらんしなあ」
と思った人が、すごく頑張り屋で自分に厳しく、周りの信用も得れる人だったり、
何年もコツコツ頑張るタイプであったり、

します。


ある程度自分の物差しやスタッフの意見も聞いたりして決めますが、
この自分の物差しってつくづくいい加減だなあと思いました。

おそらく、過去の類似の人物に照らし合わせて、この人はきっとこんな人だ
と想像するんでしょうけど、それが判断を間違わせるんでしょうね。

物差しは必要。自分の判断基準ですから。
しかし、あるとき自分の物差しを疑う必要もあります。

そんな完璧な人間じゃない。
それを理解してその正確ではない物差しを出して考えて、
そして無くして考えて両方から考えてみる。

俺、あの人にこんなイメージ持っているけどほんまやろうか?
俺、この人信用できないと感じたけどほんまやろうか?
みんなはあの人のことをそう言うけどほんまにそんな人やろうか?


人と数回接しただけでその人の価値までは判明しません。

だから面白いんでしょうね。

私もしょうもない物差しで図る時があります。
ときに自分の物差しを疑ってみます。

  1. 2015/01/19(月) 10:07:49|
  2. News
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シンプルに。一点突破全面展開 | ホーム | 飲食業の常識は世間の非常識>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mothersboss.blog.fc2.com/tb.php/69-a2e37a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kfwboss

Author:kfwboss
2005年 北堀江mothersを設立。
2010年 ENTRATA堂島OPEN。
2011年6月 ENTRATA茶屋町OPEN。
2012年7月 CRAFT BEER HOUSE molto!! OPEN。
2013年4月 BEER STAND molto!! OPEN。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。