FC2ブログ

おいしさのねっこ

カラビナフードワークス 代表 西川智之の美味しさの源流をもとめ。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビールの種類

我々は、生産物の美味しさを最終消費者に伝える責任があり、

そこが楽しい時でもある。

作り手が想いを持って試行錯誤しながら完成させたものには
数値的な美味しさを超えた、喜びや感動があると思う。

だから、生産者を訪ね、顔を合わせ話を聞くとその食材はより美味しく感じる。

最終消費者ではできないことを我々が代行している限り、これは続けないといけない。


そこで疑問が1つ。


お客様に美味しいものを召し上がって頂こうと思った時、

いろんな食材を探します。

牛肉、野菜、鮮魚、塩、オリーブオイル、ワイン。。。


厳選するはいいが、なんでビールは大手4社しかないのか?

食材をあれこれ吟味して、ビールは最終4社から選ぶ、って何かおかしい。



もっと選択肢があってもいいんじゃない?と思っていた。
嗜好品でこれほど選択肢がないのもおかしいと思いませんか?
(たばこは種類が多すぎ!吸わない私はいつも戸惑う。。。)


飲食店側からすると色々絡みや縛りがあったりもします。
(ここでは具体的に書きません。)

世界を見渡すとビールってすごく多品種なんです。

だから私はビールももっと吟味したい。


おいしいビールはもっとある!

実は今、日本のビールが世界でとても評価されています。

一昔前は、観光地の土産物屋のビールとして

「地ビール」

が流行りましたが、そこはハコモノ行政の悪いところ。
品質が良くないものが多く、すぐに廃れてしまいました。

今は違います。そのなかでも生産者としての熱い魂を持った
醸造家が残り、ひたむきに研究を重ねてきました。

P1010116.jpg
写真は南信州ビール所長の竹平さん


そして、そのビールは今、「クラフトビール」としてよみがえったのです。

私はビールの選択肢が増えて正直うれしいと思いました。

ピルスナータイプの主にのど越しを味わうビールは大手4社はとても
素晴らしい商品だと思いますが、

さあ、ここからです。

みなさん、ビールをもう少し掘り下げてみませんか?
堂島のENTRATAでは現在、4種類のクラフトビールが楽しめます。

苦味のはっきりとしたもの、
スモーキーな黒ビール、
フルーティーなビール、

など、色々ございますので、「とりあえずビール!」

は通用しません!

奥深いジャパニーズビールの扉(ENTRATA)開けてみませんか?
スポンサーサイト
  1. 2012/02/23(木) 10:59:00|
  2. News
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kfwboss

Author:kfwboss
2005年 北堀江mothersを設立。
2010年 ENTRATA堂島OPEN。
2011年6月 ENTRATA茶屋町OPEN。
2012年7月 CRAFT BEER HOUSE molto!! OPEN。
2013年4月 BEER STAND molto!! OPEN。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。